« 楽市 | トップページ | 9月12日オープン☆の模様 »

2010年10月 6日 (水)

かんかへようこそ!

10月1日から3日間、高岡古城公園で朗唱の会が行われていました。


朗唱の会というのは、万葉集全20巻4,516首の歌のすべてを、リレー方式で歌い継ぐイベントです。朗唱者は全国から募集し、連続三昼夜にわたり、2,000人を超える人々が高らかに朗唱します。


古城の森の樹木を縫う、鮮やかなライトの中にくっきりと浮かび上がる、特設水上舞台で朗唱する様子はなかなか幻想的

「参加しにきました」

「見に来ました」

という県外の方が、金屋町、そしてかんかへもたくさんいらっしゃいます。愛知、神奈川、遠くは青森、九州まで!


高岡万葉祭り•••。意外にすごいんですね。

 


今日も作業をし(着色中で手いっぱいに重曹を持ち)ながら、お客様と会話をさせていただきました。遠くからわざわざいらっしゃたのかと思うと力が入ります。


『ザ☆きのどくな精神(!?)』\(;゚∇゚)/デス!

 

「きのどくな」は富山弁で、「自分の為に、こんなに苦労をしていただいて、あなたに気の毒な思いをさせてしまったね」と言う意味なのです。
 つまりは「きのどくな」は同じ同情のようなニュアンスでも、自分の為に相手がそうなったことに対する労いの言葉です。
 だから意味としてはその他に「ありがとう」「すいませんね」「おかげ様で」「感謝です」「申し訳ない」「助かりました」「お疲れでしょう」「ご苦労かけました」「休んでくださいよ」などなど。

 

というわけで、張り切って高岡の象嵌の説明をします

道具や材料を持ち出して話をしていると、びっくり&感心して、

「本当に大変な技術なんですね。」

「がんばってね。また来ます。」

そう言ってくださいます。


• • • • (*´ェ`*)v

 

まだまだ本格始動でないかんかですが、宣伝してじわじわゆっくり認知度を上げていきたいです。

 

「九州に帰ったら、富山でがんばってる人たちがいたと話します。」

そう言っておられました。

 


お気を付けて!

また来て下さーい!


|

« 楽市 | トップページ | 9月12日オープン☆の模様 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: かんかへようこそ!:

« 楽市 | トップページ | 9月12日オープン☆の模様 »